ジョルジュ・ルオー記念館(礼拝堂)

20世紀最高の宗教画家であるジョルジュ・ルオーを記念して建てられた礼拝堂。この村を訪れる芸術家たちの瞑想の場でもあります。

入口の扉の上には、ルオーがエベール・ステヴァンのアトリエで制作したルオーステンドグラス「ブーケ(花束)」があります。祭壇背後のキリスト像(17世紀)は、ルオー自身が彩 色したものです。この貴重な像は、ルオーの次女イザベル・ルオーから贈られたものです。堂内の壁面 にはルオーの銅版画「ミセレーレ」が掲げられています。

建築設計者は美術館と同じく谷口吉生氏です