清春の桜・甲斐駒

 清春芸術村の桜は、大正14年(1925)3月、旧清春小学校の落成を記念して、生徒たちの手によって植樹されたもので、染井吉野種です。
  染井吉野は、オオシマザクラとエドヒガンの雑種で、比較的樹齢が短いといわれていますが、清春芸術村の桜は樹齢80年余りをへています。
  昭和41年(1970)5月、山梨県指定天然記念物に指定されました。

 
小部屋内部
小部屋内部
 
 
     
ラ・リューシュ  

小林秀雄の桜

桜をこよなく愛された小林秀雄先生は、清春の見事な桜をごらんになり、ここへ芸術村をつくるよう薦められ、清春芸術村が誕生しました。この枝垂桜は、このことを末永く記念するため、鎌倉の小林邸からここへ移植したものです。

小林秀雄桜